新着記事更新!詳しくはこちら

DEAFブリッジとは

DEAFブリッジとは

わたしたちのビジョン

聴こえない人と聴こえる人が平等に生きる社会をつくる

 


ミッション(事業内容)

イベント事業

聴こえない人と聴こえる人の接点の場を提供いたします。

過去に開催されたイベント例
・Facebookグループ限定イベント(承認制)
・アフタヌーンティー(少人数限定)
・Zoomでのオンラインイベント

などのイベントを月に1回程度随時開催しています。
詳細はイベント報告ページにて過去のイベント情報をご覧ください。

イベントやオンラインを通して交流することで、聴こえない人や聴こえる人、お互いの立場や想いを分かち合い、認め合う機会を提供しています。

たとえ手話が分からなかったり、コミュニケーション方法が人それぞれ違ったりしたとしても、あらゆるコミュニケーション手段を活用し、その場を共有して楽しむことができる場となっています。

また、手話そのものに興味がなかったとしても、イベント企画に興味を持ちご参加いただくことで、「聴こえない人と触れ合えるキッカケ」にもなると考えています。

メディア事業

DEAFブリッジ公式ホームページは2022年1月11日にメディアサイトとしてリニューアルオープンいたしました。

サイトコンテンツ内容

DEAF NEWS
日々の聴覚障がい者(DEAF)や手話に関するニュースを取得し、自動更新しています。

リンク集
聴こえない人(DEAF)に関するあらゆる情報をまとめたリンク集を提供しています。

ブログ記事
・国内、海外にて活躍している聴こえない人の紹介やインタビュー
日本手話、字幕、文字による記事の配信

などの情報発信をしています。

その他

SNSでの情報発信
Facebookグループ(2022年1月時点1,299人)、Instagram、Twitter、YouTubeにてインタビュー動画、手話解説動画などの情報発信をしています。

      


スローガン

聴こえない人と聴こえる人の架け橋に

ソーシャルインクルージョン=個々のアイデンティティを認め、受け入れ、活かす

現代社会は、まだまだ聴こえない人(マイノリティ)より、聴こえる人(マジョリティ)を中心とした構造になってしまっています。

聴こえる人にとっての当たり前を基準とした社会だと、聴こえない人は生きづらさを抱えてしまいます。

聴こえない人を排除、区別、差別するのではなく、ソーシャルインクルージョンの考え方が浸透すれば、聴こえない人も聴こえる人にとっても、更に多様性の浸透や相互に機能し、ひいてはお互いが暮らしやすい社会になっていくと信じています。

これが、本来あるべき姿なのではないでしょうか。

DEAFブリッジは、そのために定めたスローガンをもとに、様々な活動や発信をしてまいります。

当団体がNPO法人に認定されました!

この度、DEAFブリッジの運営団体である、
Dream Actually(ドリームアクチュアリー)は東京都より、NPO法人(特定非営利活動法人)として正式に認証されました。

2020年12月から、スタートして早くも1年になります。

このコロナ禍の中でも、活動の場を提供し、SNSでも発信を続けて、応援してくださる方も増え、少しずつ認知度も上がってきています。

これからも「聴こえない人と聴こえる人の架け橋」となるよう、尽力してまいります。

Facebookグループでは、様々な企画へのサポーターを募集しています。
一人ひとりの力は小さくても集まれば大きな力となります。

今後ともDEAFブリッジの運営にご協力賜わりますようよろしくお願い致します。

当団体は寄付も承っております。
いただいた寄付はDEAFブリッジ基金とし、団体を維持継続するための経費や寄付、支援金として充当いたします。

応援してくださる方はお問い合わせフォームによりお問い合わせください。