新着記事更新!詳しくはこちら

【インタビュー】アメリカの元プロフィギュアスケート選手 ショーン・ラビットさん

ショーン・ラビットさんへのインタビュー
目次

アメリカの元プロフィギュアスケート選手
ショーン・ラビットさんにインタビューしました

大城 一記

こんにちは!大城です。
今回、初のインタビュー企画となります。
バタバタしてるところもありますが、
温かい目で見ていただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします!

このインタビューから、DEAFと聴者のコミュニケーション(チャットの活用)など、何か新たな気づきを得ていただければ幸いです。

ショーン・ラビットさんとは?

ショーン・ラビット選手

ショーン・ラビット(英語: Sean Rabbitt, 1990年4月8日 – )は、アメリカ合衆国出身の男性元フィギュアスケート選手。(男子シングル)
2015年スケートカナダオータムクラシック3位。羽生結弦とともに表彰台に立った。
2020年11月、自身のInstagramで現役引退を表明。
現在はコーチとして活動中。

1歳年上の兄は日本人女性と結婚しており、自身も大学で日本語を学んだ経験がある。
親日家スケーターとして知られている。

そんなショーン・ラビット選手にインタビューしてみました!

大城 一記

彼とは以前にInstagramで、トレーニングを通じてつながりました。
そして、彼のフィギュアスケートを観に行ったりもしてから、より仲良くなりました。

ショーンさんのスケートを見に行った時の写真。
(うちわはショーンさんファンの方からお借りしました!笑)

インタビュー:ショーン・ラビット(Sean Rabbitt)さん

×

上記の動画はインタビュー内にて「大事なところ、伝えたいところ」のみを切り抜いたショートバージョンとなっています。

フルバージョンは前編・後編に分けてYoutubeにアップロードしております。
フルバージョンでは「ショーンさんが日本が大好きな理由」など、色々と対談しています。
ショーンさんファンの方々や、興味のある方はぜひフルバージョンでご覧ください!

Youtubeアプリで観る
(動画が良かったらGoodボタンやチャンネル登録もよろしくお願いします!)

インタビュー:ショートバージョン
インタビュー:フルバージョン 前編

インタビュー文字起こし:一部抜粋

ショーンさんはDEAFに対してどのような価値観を持っているの?

大城

ショーンさんは聴者ですが、
デフに対してどのような価値観をお持ちでしょうか?

ショーン

私の叔母さんは耳が聴こえない人です。

聴力レベルでは、40〜50%程度聴こえます。だから叔母さんは手話は使いません。
だから昔から、私は聴こえない人とコミュニケーションをとることができていました。

大城

そうだったんですね!

ショーン

あと、ライドシェアというタクシーサービスを利用したときに、私が乗った時、運転手さんが耳が聴こえない人でした。

私が行きたいところを言っても、運転手さんは全然聴こえないんです。
なので私は、携帯のメモに行き先を打って伝えてあげました。
その時、運転手さんは「ショーンはちゃんと考えて教えてくれて、優しい」と喜んでくれました。

ショーン

耳が聴こえない人は聴こえる人よりも少し大変なことがあると思います。

例えば、カズキさんの経験は、耳が聴こえる私とは全然経験が違うでしょう。
だから、私はカズキさんと初めて話した時、私はカズキさんからたくさん学ぶことができると思いました。

大城

ショーンさんは叔母さんがDEAFであったり、タクシーサービスでの経験があったからこそ、私に対しても優しく、フレンドリーに対応してくださってたんですね…!

ショーンさんの配慮はとてもいいと思います!

デフリンピックを知っていますか?

大城

ショーンさんはデフリンピックを知っていますか?

ショーン

知っています!
ブラジルで開催されますよね。

大城

そうでしたか!

デフリンピックとは、聴覚障がいをもつ人たちのためのオリンピックです。
今年の5月1日からブラジルでデフリンピックが開催されます。


デフリンピックについての詳細はこちらをご覧ください

ショーン

ひとつ、面白いことを思い出しました!

大城

なんでしょう?

ショーン

私のアイススケートの友達はデフのスケート選手なんです。
だから、スケートする時に音楽が聴こえないんです。

大城

音楽が聴こえないとなると・・・どうやって!?

ショーン

通常は、アイスリンク上でスケートプログラムをスタートする時は、ジャッジの前でスタートします。(アイスリンクの真ん中あたり)

でも、デフの選手は耳が聴こえないから、コーチの方を向いてスタートするんです。
そして、音楽が流れた時、コーチが「スタート(GO!)」の手話を使って選手に合図するんです。

大城

なるほど、聴こえないからコーチに音楽が始まったときの合図を送ってもらっているんですね…!

ショーン

そして最後、コーチは「STOP!」というサインを出します。

大城

では滑っている時、初めから終わりまでの間はどうしているのですか?
身体でタイミングなどを覚えて滑っているということですか?

ショーン

そうです!
あと、最後の30秒になった時に、コーチは「30!30!30!」と手話で選手に合図を送ります。


その後、音楽が止まったら「STOP!」というサインですね。

大城

なるほど…!
選手は滑りながらコーチを見て滑っているということですね…すごい!

それは初めて聞きました!面白いですね!

ショーン

この人はすごい選手ですよ!
全米選手権に行きました。

大城

全米選手権行ったんですか!それはすごいですね!

東日本大震災について

大城

東日本大震災が起きた後、ショーンさんがチャリティーイベントを主催して寄付を募ったとお聞きしました。
そのことについて詳しく教えてください。

ショーン

私は日本が大好きです。
そして、日本人の皆さんはフィギュアスケートが大好きです。

だから、2011年の地震を見た時、「私にできることはないか」を考えました。
でも、アメリカからでは何もできないでしょう。

津波、地震でたくさんの家と建物が壊れました。
なので、「寄付」をすることが良いアイデアだと思いました。

だからアメリカでアイスショーをやって、アイスショーのチケット代での収益を日本に寄付することにしたんです。

ショーン

また、私の考えでは、東日本大震災10年目の3月11日に日本に行きたかったのです。
日本の仙台で10年目のイベントをやりたかったんですが、コロナで日本に行けませんでした。

だからZOOMで「東日本大震災10年目チャリティートークイベント」も主宰しました。

まだ仙台はたくさんの手伝いが必要です。
だから今後も10年後、手伝って欲しいです。

大城

イベントを10年ごとにやっていこうというお考えなのですか?

ショーン

はい!

大城

そうなのですね。
素晴らしいですね…!

私からもお礼を言いたいと思っています。
ありがとうございます…!

フィギュアスケート人生で1番の思い出は?

大城

ショーンさんは現在は引退されていますが、フィギュアスケート人生での1番の思い出を教えてください。

ショーン

私にはたくさんの素敵な思い出があります!
だから1番を決めるのは難しいですが、トップ3があります!

1. 日本でアイスショーを滑ったとき

東京・赤坂サカスにて

2. 全米選手権で初めて完璧に滑れたとき

驚きのスコアに喜ぶショーン&コーチ
(photo by Sean Rabbitt Cafe)
ショーン

この時は皆さん立って拍手してくれました!
スタンディングオベーション!

3. 初めて海外の大会に出たとき

ナム・グエン 羽生結弦 ショーン・ラビット
ショーン

羽生結弦選手と一緒に大会で滑りました!
この大会で羽生結弦選手は1位、私は3位になりました!

ショーンさんの夢は?

ショーン

私の夢は、私がスケートを教えて、スケートを好きになってくれる人を増やしたいです!

そして、コーチとして私の生徒をオリンピックにも行かせたいです。

スケート以外では、早く日本に行きたい!
そしてもう一回日本でアイスショーをやりたいです。

大城

いいですね!
日本でアイスショーをやるときはまた観に行かせてください!

ショーン・ラビットさんからみなさんへのメッセージ

※動画の最後にメッセージがございます。

私のファンの皆さん、いつも私のことを応援してくださり、ありがとうございます。
今まで応援してくれて私はとても嬉しいです。これからも応援してください。
応援して欲しいのは、私だけではないです。
私と、皆さん今コロナの人生ですね。だから人生はちょっと大変です。
だから隣の人のことを考えて、もし聴こえない人と会ったら是非ゆっくり話してください。
ゆっくり分かり合ってください。
みなさんは今、全然違う経験を持っています。
だから、隣の人の経験をちゃんと考えてください。
これからも皆さんよろしくお願いしまスケート!⛸

Sean Rabbitt

ショーン・ラビットさんについて知る

親日家の米フィギュア選手が30歳で引退 思い出は「羽生結弦選手と共に表彰台」 | THE ANSWER

「この日も日本を忘れない」 親日家の米フィギュア選手の3.11メッセージに日本人感激 | THE ANSWER

ショーン・ラビット – Wikipedia

公式インスタグラム:@SeanRabbitt

今回のインタビュー企画にあたって、数多くの方々にご協力いただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
ショーン・ラビットさんをはじめ、インタビューのための準備にご協力いただいた方々、動画制作に携わっていただいたサポーターの皆様、ありがとうございました。また、様々なリクエストにもお応えいただきありがとうございました。
お陰様でとても良いインタビューができました。
今後もインタビュー企画や、新たな動画制作諸々あると思いますが、その際はどうぞよろしくお願いいたします。

大城 一記

筆者:大城 一記

ショーン・ラビットさんへのインタビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
目次
閉じる